本当に難しそうな注射!

看護師の仕事の一つとして、採血があります。その採血の中でも特に血管が見えにくい人の場合は、緊張をします。それは、きちんと静脈に注射の針が入っていなかったりすると、失敗となるからです。そのため、いつもよりも緊張をして、その行為を行うことになります。

 

 

そんな緊張をする時に、この人だけは失敗をしたらとんでもないことになると思う人がいます。それは、少し顔が怖い人だったり、表情が曇っていて失敗をすると、何か言われたりしそうと思う時などです。
しかし、そんな時ほど失敗をすることがあります。それは、ただでさえ緊張をして実施しているのに、その患者さんからの威圧感みたいなものがあると、余計に失敗をすることがあります。

 

 

そんな時は、自分はそれ以上行わないほうがいいと思って、違う看護師にその患者さんの採血を依頼することにしています。
看護師も人間ですので、どうしてもうまが合わない人には、失敗をしてしまうことがあるのです。そのため、その時は患者さんに対して、それ以上失敗をしないように、変わってもらうことも大切だと思っています。